本音の口コミ │ アロベビーUVクリームを事細かに紹介

赤ちゃんが用の日焼け止めとして知名度が高いアロベビーUVクリーム。その人気の秘密は成分です。合成紫外線吸収剤を使っておらず。天然由来100%で作られているところがポイントです。アロベビーUVクリームを実際に使って詳しくご紹介しています。
MENU

紫外線の量が多くなる時期、赤ちゃんの日焼止めオススメの商品がないのもかと調べているとアロベビーUVクリームをしりました。私自身も日焼止めで肌荒れすることが多かったのですが、アロベビーUVクリームを使ってからは肌が荒れることはありません。娘、息子と私の3人で愛用しているアアロベビーUVクリームをレビューしていきたいと思います。

 

アロベビーUVクリームの口コミレビュー

 
アロベビーUVクリームを注文して直に配送されました。
3日ほどで自宅に届きましたよ。
私はお得な2個セットを購入、かわいい衣装ケースはオーガニック感がしてシンプルで可愛いです。

 

 
キャップを外すと、ほんのりと香りに癒されます。
強い香りでもありません。
肌に付けていきます。真っ白なクリームは肌に馴染まないかと心配・・・それと言うのは、アロベビーUVクリームは合成紫外線吸収剤が使われていなく、紫外線散乱剤がメインの日焼止めです。それは肌に優しいけど、白浮きしやすいと言うデメリットがあるのです。

 

 
 
 
それでは肌に伸ばしていきます。
どうでしょうか?しっかりと伸ばせば白浮きはいしません。
むしろここまで綺麗に肌に馴染むとビックリです^^;
でも、子供の肌につける時は多少は嫌がるので、ここまでしっかりと付けれません。
所々に白浮きするもチャームポイントです。

 

アロベビーUVクリームはどこで購入できる

アロベビーUVクリームは購入できる場所を説明していきます。
■店舗
薬局、ドラッグストなどでは販売されいません。店舗で販売しているのアロベビーの公式サイトから確認できます。

 

■通販
通販では楽天・アマゾンで購入することも可能です。
楽天では、色々な代理店が販売していますが、注意が必要です。それは他の店舗より安い場合は送料を引いた値段を記載していることが多いのです。また楽天・アマゾンで購入した場合は返金保証が付いてこないことが多いようです。
 
公式サイトでは、肌が荒れた場合など30日の返金保証があります。

 

アロベビーUVクリームは高い
日焼止めとして一般の価格に比べて値段は高いです。倍以上しますよね。
市販では1000以下で購入できる日焼止めですが、アロベビーUVクリームは2400円もします。
これでも売り切れるほどの人気商品なのはなぜでしょう?
それは後で説明しますが、アロベビーUVクリームの成分にあると思います。
高くても我が子には肌に優しい日焼止めを使いたいのが親心ですからね

 

 

アロベビーUVクリームの成分
アロベビーUVクリームが高い理由はその成分にあり!と説明しましたね。ではどのような成分でできているのでしょうか。
■100%天然由来
100%天延由来で世界的オーガニック認証所得可能な処方です。
オーガニックと聞けば肌に優しい、そう誰でもイメージしてしまいますが、実は日本ではオーガニックの認定が曖昧です。ほんの少しでもオーガニック成分が入っているだけでオーガニック商品にすることができるのです。
その点、アロベビーは100%天然由来なんです

 

■合成紫外線吸収剤が入っていない
紫外線には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。
前者は紫外線の対策は高く、白浮きしません。しかし肌に優しくありません。刺激を感じることもあるます。
後者は紫外線散乱剤は、紫外線を対策として吸収剤より弱く、白浮きしやすい。しかし肌には優しいのです。
これらの特徴で肌が敏感な方や赤ちゃんは紫外線散乱剤で出来ている日焼止めを使うことがススメられています。
海や山、など紫外線が強いところではない限り、散乱剤だでは紫外線はしっかりと対策できるのです。
アルコール不使用・合成ポリマー不使用・シロコン不使用・鉱物油無添加・石油系界面活性剤不使用になっているところも肌に優しいことがわかります

 

■純国産
アロベビーUVクリームは開発から生産までがすべてが日本で作られています。自分の子供に使う日焼止めが海外製だったら安心できませんよね?

 

まとめ

アロベビーUVクリームのレビュー特徴を書いていきました。
紫外線は家中、室内にいても浴びています。外に出ないからといって必要ないことはありません。
年中、紫外線対は浴びています。中でも紫外線が強い4月から9月まではしっかりと日焼止めをして下さい。
母親の手からはなせられない幼児でも外にでることはありますし、保育園でかよっているのなら帽子での対策しかありません。
そのためにしっかりと日焼止め対策をして下さい。

 

このページの先頭へ